事例紹介に「カフェなのに椅子がない?全席車いすのカフェ開業に伴走!」を公開しました。

今回ご紹介するのは、全席が車いすになっているカフェ「Wheelchair cafe SPRING」。車いすを使われている方が快適にカフェで過ごせることはもちろん、一般のお客さまにも車いすに座って飲食をしてもらうことで、車いすのことをもっと知ってほしいという願いのもと運営されています。

カフェを運営される「株式会社サポートどれみ」の代表取締役 中村敦美さまは車いすのお客さまをゲストとしておもてなしすることを心掛けておられ、店内設備・備品も車いす目線で設計されています。そのカフェの開業に伴走し、度重なる難問に立ち向かった当金庫職員の取組をご紹介します。

ぜひご覧ください!

▶記事はこちら