おせっかいバンカーの人づくり FACE CHALLENGES

職員がお客様のお悩みや課題に寄り添い、親身になっておせっかいを焼く「おせっかいバンカー」となるための、様々な取組をご紹介します。

  1. 金融のプロを目指すための機会創造

    職員一人ひとりが金融のプロフェッショナルとしてお客様から信頼され、お客様のお悩みや課題に対して最適な解決策のご提案が行えるよう、さまざまな教育や仕組みづくりを行っています。

    詳細はこちら
  2. ユニークな人づくり

    刻一刻と変化する社会においては、「金融のプロ」であることと同時に、「金融機関の枠にとらわれない人材」であることが求められます。当金庫ではさまざまな教育・研修制度によって、個性的(ユニーク)で、多種多様なお客様の課題に対応できる人材を育成しています。

    詳細はこちら

日本一
コミュニケーションが
ゆたかな
会社を目指して
EXCELLENT COMMUNICATION

当金庫は、お客様とのコミュニケーションはもちろん、職員同士のコミュニケーションをゆたかにすることも大切にしています。当金庫が「日本一コミュニケーションがゆたかな会社」を目指して行う取組をご紹介します。

  1. 褒める文化・社内風土の醸成

    当金庫では、「良い取組を広く情報共有し、褒める」こと、「良い取組は全員で真似をし、全社的なレベル向上につなげる」ことを大切にしています。そしてそのために、さまざまな情報共有ツールや顕彰・人事制度を設けています。

    詳細はこちら
  2. 社内コミュニケーション

    コミュニケーションがゆたかであることは、情報共有のスピード向上、職員のモチベーションアップなどにつながる、組織にとって不可欠な要素です。当金庫では「日本一コミュニケーションが豊かな会社」を目指して、社内コミュニケーションを活性化するための様々な取組を行っています。

    詳細はこちら
  3. 社内改革(情報のシェアリングとマイニング)

    機械にできる仕事は機械に任せ、職員はお客様とのコミュニケーションに専念するため、さまざまな業務のデジタル化を進めています。また、デジタルの活用によって情報がリアルタイムに共有(シェアリング)できる体制を整備し、業務の改善やお客様へのご提案につなげています。

    詳細はこちら

くらし方に合わせた働き方 HOW TO WORK

職員のワークライフバランスを最適化し、「働き方に合わせたくらし方」ではなく「くらし方に合わせた働き方」を実現するために、さまざまな取組を行っています。

  1. 健康経営

    当金庫では、職員一人ひとりが健康でいきいきと働くことができる職場づくりを目指しています。セミナーの定期開催やインターネットなどの情報技術を活用し、職員自らの健康意識を高めるだけでなく、地域社会にも健康経営を推進しています。

    詳細はこちら
  2. 自分らしく働ける環境づくり

    職員一人ひとりが個性を発揮し、自由な発想で自分らしく働ける環境づくりに向けた取組です。自由で柔軟な発想で仕事にあたることが、お客様の課題を解決することにもつながっています。

    詳細はこちら