京焼・清水焼を

海外にも届けたい

伝統文化を支える事業者様のために

京都 東山は『陶器の町』として国内だけでなく海外でも知られており、京焼・清水焼の製造に携わる多くの職人の皆様がいます。そんな中、職人の方はコロナ禍で訪日外国人が減少し、大変悩まれていました。そこで東山支店では自分たちに何かできることはないかと考え、伝統工芸品の輸出販売を行うバイヤー様との商談会を企画しました。

熱い想いが込められた商談会

商談会を企画した東山支店のプロジェクトメンバーは、少しでも有意義な商談となるよう、事前に全職人・バイヤー様の元を訪問し、「どういったものを作られているのか」「消費者はどういったものを求めているのか」などを聞き取り、双方に共有しました。当日は、職人様がバイヤー様に対して、作品にかける想いや現在の販路などについて説明された後、今後の販売に向けた具体的なご相談をされました。その結果、購入や委託・テスト販売といった形での契約締結になるなど、実りの多い商談会となりました。

東山支店のプロジェクトメンバー

希望を届けたい

開催後のアンケートでは「またこのような場を設けてほしい」「今まで知らなかった事業者さんと繋がれてよかった」といった感謝のお言葉を双方からいただきました。コロナ禍で苦しい状況ではありますが、本商談会を機に、希望を持ってくださったように感じました。

商談会の様子

ビジネスマッチング その他の事例 PROJECTO METHOD